PERU

NorthAndes GarciaTypica

ノースアンデス・ガルシア・ティピカ

限定入荷


¥590/100g

※生豆200gを焙煎(正味量155~170g)

(税込販売価格)¥1,180


ティピカ種100%  ほのかな甘味とやさしい酸味が特徴的で、透明感のある香りが際立ちます。

 

 1960年代に設立され、現在は3代目にあたるウィルダーガルシア氏に引き継がれていま す。彼は以前、世界に拠点を持つコーヒー商社ボルカフェグループで働いており、そこで培った知識と経験を基に、ペルーのトップクオリティの豆を作り続けています。

 ペルー北部にある農園は標高1700m~2000mに位置し、平均気温は17~23℃というコーヒー栽培において、素晴らしい条件がそろっています。農園の総面積は23haで、そのうち16haでコーヒーは栽培されています。農園では様々な品種(ティピカ、カトゥーラ、パチェ、ブルボン)によって区画分けしています。SCAA 87点に相当する高品質な逸品です。

ガルシア家では、精製法としてウォッシュドを採用しています。

 コーヒーチェリーを収穫後、果肉を除去し、密閉タンクで48時間発酵させます。その後、ソーラードライヤーにて乾燥を行います。

 ティピカ種はブルボンと並んで古くから存在する原種。高級品種として栽培され収穫までは4年ほどが必要で、豊かな土壌を維持しなくてはなりません。また、ティピカは霧や病害虫にも弱いため、収穫まで手間がかかる品種です。  

 ほのかな甘味とやさしい酸味が特徴的で、透明感のある香りが際立ちます。限定入荷です。是非お試しください。

推奨焙煎度

ハイロースト


品名

ノースアンデス・ガルシア・ティピカ
生産国 ペルー
地域 カハマルカ県ハエン郡ウアバル地区、ウアコ
規格 G1
スクリーン 規格なし
標高 1,700〜2,000m
 欠点 ~15
精選方法 フリイウォッシュドに近いが、密閉容器で48時間発酵
品種 ティピカ100%
収穫年度 2021
 その他 ブルボンと並んで古くから存在する原種